HOME > 建築日記作成講座 STEP6

建築日記作成講座 STEP6

日々の変化を建築日記に記録


忙しい人は、STEP5で説明した「必ず撮りたい写真」だけでもいいので、現場に足を運んで写真を撮ってください。 逆に、毎日 現場に行ける! という人は、ぜひ毎日足を運んで、いろいろなところの写真を撮ってきて、建築日記に工事の進捗状況を書いてください。 
現場に行ったときに、疑問に思ったことを大工さんに質問すると、建築日記のいいネタになります。

大工さんへの質問例

・この天井の下地に使っている木の種類は何ですか?
・屋根の一部が施工後回しにあっているのはなぜですか?
・一番大変な作業(工程)は何ですか?
・施工の為のマニュアルってあるんですか?
・現場監督さんはよく現場にこられますか?

上記の質問例は、どちらかというと、大工さんの警戒心を持たせる質問が多いですが、実際 われわれには役に立つ質問です。建築日記としても、この質問と答えがあると、読み手にとって有益です。 
しかし、これらの質問をいきなりぶつけると、大工さんもいい気分にならないかと思うので、まずは世間話から入ってから、家のことを話しましょう(^^♪

習慣にしよう!

たまに行くと決めたら、現場に行くことがめんどくさくなります。
実は毎日行くと決めてしまった方が、気持ち的に楽になる場合があります。 習慣になるとそのこと自体 苦にならないことは、誰もが経験あるかと思います。

家族に協力してもらう

忙しくて、自分が現場に行くことができない場合、家族に協力してもらいましょう。
自分達の家が建っているところを見るのは、家族みんな楽しみなはずです。
きっと喜んで、現場に行って写真を撮ることくらい手伝ってくれるでしょう。




建築現場に行って写真を撮ることは習慣にしよう!
自分が無理なら、家族に協力してもらおう!




1STEP → 2STEP → 3STEP → 4STEP → 5STEP → 6STEP → 7STEP

Copyright (C) 建築日記NET. All Rights Reserved.